買取業者を利用する|専門の知恵を借りよう

手続きの手間を省く

紙幣を数える手

手元にある象牙を売るには

親の遺産や知人、友人にもらった象牙を使った商品など普段使わないものを処分するには、専門の買取業者の利用が便利です。日本人は昔から象牙を使い、仏像、置物、装飾品や印鑑などを作っていました。古い中国の時代に作られた多くの美術品が海を渡り日本に来ました。仏教に関係の深い美術品には多くの象牙作品があります。また置物としても多くの作品が昔から愛されてきました。また、多くの人が象牙の印鑑を持っているのではないでしょうか。このように、日本人にとって、実に身近な存在でした。1989年、ワシントン条約の施行とともに象牙の輸出入が禁止されました。これにより、1989年以前から国内にあるものを売買する場合、自然環境研究センターの登録証が必要になりました。

買取サービスを上手に利用する

このように、輸入が禁止されると同時に、国内の売買にも規制が行われています。遺品整理に際にできてた古い象牙作品を買取ってもらうにも、先に述べた登録証が必要になります。しかし、買取業者に相談すれば、彼らが必要な手続きを行い、登録証の給付のお手伝いをしてくれます。したがって、手元に処分した象牙作品がある場合、まず専門の買取業者に相談することが勧められます。もし鑑定結果や査定金額に満足できない場合は、別の業者に相談することで比較検討ができます。貴重な象牙作品を買取ってもらうには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。近くにそのような業者がいない場合、インターネットを利用していくつかの業者を探し、連絡してみてはいかがでしょうか。きっと信頼できる業者が見つかるはずです。

あなたの大切な美術品、しっかり鑑定して買取ります!